人が占いに求めているものとは。

占いに求めるものは人によって様々ですし、相談する内容も大きく異なります。
おみくじ的に楽しみたい、何かのお墨付きが欲しい、転ばぬ先の杖として参考に
したい、カウンセリング効果を期待したい等々。また人々が占いに求めるものは、
その時代ごとに傾向も違うことでしょう。

占いが誕生してから現代まで経てきた長い年月を考えると、もし気休め程度の
存在でしかなかったのなら、とっくに廃れていたのではないかと思うのです。占い
がどの時代においても、人の関心を惹きつけてきたのは、多くの人が"運"という
見えない力を体感しているからかもしれません。また、人は何の実感も持てない
ことにはあまり関心を持てないものだと思うのです。

人生は努力だけでも運だけでも到達できない"特別な場所"があるように思います。
その両方の力を持して初めて辿り着くことのできるその"場所"。そこを目指している
人たちにとって、"運"や"占い"の存在とは、その扉を開けるためのツールのひとつ
として、決して軽視できないものなのかもしれません。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.