悩める占い師たち

占い師が苦労することの一つは、鑑定結果の伝え方です。実際、占い師さんからの
相談で最も多いのがこの課題です。これは医者が病名を患者に告知する状況に似て
います。いかなる結果も正確に、なおかつ不安を与えないようにお伝えしなければなり
ません。このさじ加減が占者の腕の見せ所でもあり、かたや悩みの種でもあるのです。

悪い結果が出た場合、伝える側である占い師も心が痛みます。そういったことの蓄積
で、日々いたたまれない気持ちで仕事をすることに、疲れてしまう占い師も少なくありま
せん。良く「毎日人の悩みを聞いて疲れませんか?」と聞かれます。自分におきた問題
でなくても、人の悩みを一緒に背負う、ある種の疑似体験をすることになるからです。
実際には日々経験を重ねていく中で、そういう疲れには少しずつ慣れてきます。ただ、
占い師を辞めてしまう人達は、伝えることに伴う自分の心痛と、返ってくる相手の反応
に心の葛藤が生まれて、耐えられなくなってしまうからでしょう。

占い師の言葉ひとつに、涙を流す人、怒りをぶちまける人、気を落とす人、恨む人…
たとえ何千人鑑定したとても、こうした反応にまったく何も感じなくなることはありません。

街占を始めて間もない頃、鑑定を終えた私に「早く忘れないと身が持たないよ」と先輩
占い師さんが励ましてくれました。鬱々とした気持ちのご相談者とお話しする時は、より
一層のエネルギーを使います。この辛さから逃げることなく頑張れば、彼女のように強く
なれるんだ、と心底憧れました。

ある日、特別救助隊のドキュメンタリー番組を見ていた時、その中に出てきた教えが
ヒントとなり、とても勉強になりました。「(要救助者の居場所)そこまで降りちゃダメ!
同じ場所に立っちゃダメだよ。助ける時は上から引き上げる!忘れないで」この教官の
"助ける時は上から引き上げる"という言葉にハッとさせられました。実はご相談者と同
じ気持ちになることは、何の助けにもならないのだと。それからは"占者は一段高いテン
ションで、相手の気持ちを引き上げないといけないのだ"と、沈んで行きそうな自分の心
に言い聞かせています。

日々の出来事からヒントを得、熟考することを繰り返した今、弱い部分は変わらず存在
しているのですが、そんな部分を含めた自分の気持ちの扱い方がようやく、分かりかけ
てきた気がします。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.