世のため人のため…

お金が欲しい人は、世の中に溢れているものです。ある年末に頂いたご相談は、良くある「くじ運」
を知りたいというものでした。「世のため人のため、恵まれない方々に寄付をしたいと考えておりま
す。宝くじの予想鑑定をお願い致します」とご依頼頂いたのですが…。ボランティアは、自分の出来
る範囲内で行えば良いという考えは、この方には受け入れられないご様子。「私は、できるだけ多
くの人々をお救いしたいのです!」と必死に訴えるので、「占いますが、万一、くじ運があったとして
も直ぐに当たるとは限りません。当選まで何年もかかるかもしれませんし、当選しても高額である
保証はありません」とご説明すると、無言で電話を切ってしまわれました。時には、このような後味
の悪いお電話もあります。

ちなみに、くじ運はすべての人にあるわけではありません。また、たとえあったとしても、高額当選
する保証はまったくありませんし、購入するのに良いタイミングがありますので、それに合わせて
長期的に、根気強く買い続けていく必要があります。

この電話を終えて、そう言えば私は"世のため人のため"と考えたことはないな…とふと思いました。
目標として"世のため"と掲げるのは、個人的にとても違和感があるのです。仕事柄、人のお役に
立てた時はもちろん嬉しく思います。ですが、私は占い業もボランティアも、あくまで自分がしたいこ
とを、しているに過ぎません。今まで出会ってきた人々が、世のために身を挺することの尊さを教え
てくれましたが、本当に真似のできないことだと思います。"世のため"と言われる行為とは、私にと
っては壮大なものであり、生半可な覚悟でできることではなく、簡単に口にすることもはばかられる
想いです。

前述のエピソードのように様々な人生に出合い、何かを気付かされるということは、鑑定業の醍醐
味の一つであり、収穫です。人々の人生観に触れ、自身を顧みることができることは、私の人生に
大きな恵みをもたらしています。たとえ後味が悪いことがあっても、自分にとって無意味な仕事など
ないのだ、と気持ちを切り替えることができるのも、素晴らしい収穫の一つといえるかもしれません。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.