生き返らせて下さい

ある日、奥様を亡くしたばかりのお年寄りがやってきました。ご相談は、奥様を生き返らせて欲
しいというもの。最愛の伴侶を亡くしたというのに、諸々の手続きに追われゆっくり側に居ること
もできず、すぐに葬式という気にはなれない、と酷く肩を落としていらっしゃいました。

「奥様はいつお亡くなりになったのですか?」と伺うと、昨日亡くなったばかりだと話し始めて下さ
いました。そして突然「生き返らせて欲しいって言ってんだよ!お前は、そんな事もできないのか
っ!」と大声を上げて、あたりはばからず泣き崩れました。こんな無理な相談を持ちかけてしまう
ほどの彼の悲痛な心情は、察するに余りあります。掛ける言葉も見つかりません…。

現状を占ってみたところ、やはり、大変なことが起きるというサインがでていました。また、このよ
うな辛い経験が起きた場合、個人個人の元来の性質によっても、辛さを感じる傾向は大きく異な
ってくるのです。お子様はなく、これから独りきりの生活になるという彼の悲しみと不安は、容易に
想像できるものではありません。

泣き止まない彼に「またいつでも、何度でもいらして下さい」と言葉を掛けると、「また来ます……」
と言って席を立たれました。去って行く彼を引き止められなかった私を見て、隣の占い師さんが
「お爺さん!」と駆け寄り「お支払いがまだですから、ちょっと戻りましょうね」と肩を抱きかかえ連
れ戻して下さいました。私が一瞬迷ったのは、何のお役にも立てなかったからです。本当に何も
できなかったのです。

究極の問題を、簡単に制することなど、とても出来る訳がありません。ただこの経験は、"今、自
分に出来ることは放棄してはいけない"と気付かされるものでした。その後も生死に関わる相談
を受けましたが、何度経験しても言葉に詰まってしまいます。ですが、様々なご相談者の抱える
不安に耳を傾け、辛いと感じる気持ちを少しでも和らげ、寄り添うことができたら、という気持ち
でいっぱいです。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.