心の重さ

私のお客様の中には、精神科の医師や看護婦、心理カウンセラー、メンタルコーチングの専門家
など、心の問題を扱うプロの方もいらっしゃいます。以前相談にいらした女性カウンセラーは、仕
事に疲れてしまった、と仰るのです。日々深刻な問題を扱っていれば、精も根も尽き果てることも
あると思います。

ご自身がお疲れでは、人を癒すことはできないでしょうから、まずは心身ともに休養が必要では
ないか、と心配すると「私の仕事は、そんなに生易しいものじゃないんですよ!」と睨みつけられ
ました。私にも、それは分からない訳ではありません。しかしご相談にあずかる者が健やかな状
態を保てなければ、人の問題を受け止めることはできません。「人の心は重たいものですよ。カ
ウンセラーは、人の心と自分の心を同時に支えながら仕事するのです。その重みに耐えきれず
自分が倒れてしまったら、クライアントも支えを失ってしまいます」とお伝えしました。

彼女の心が重いのは、クライアントが彼女に心を預けているからなのです。もしクライアントが自
力で立ち上がれない状態ならなおさらのこと、相手を支えるどころか、大きなダメージを与えてし
まう恐れだってあります。ですから、"過ぎたるは及ばざるが如し"と心の荷を少しでも軽くして、前
を向いてまず自分自身が立ち上がることが大切なのです。「頑張り過ぎないで下さい」という一言
に、やっと微笑みを返して下さいました。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.