夏休みの宿題

夏休みのある日、中学生の男の子4人が占い師の仕事内容についてインタビューをしたいと
訪ねて来ました。宿題の職業レポートへの協力を依頼されたのです。占い師のなり方、大変
だったこと、嬉しかったこと等々。いくつかの質問に答え、一緒に写真を撮り、無事インタビュ
ーが終了しました。

その後、雑談の中で中学生達の悩みを聞いてみました。すると一人の男の子が「良い先生に
当たらない」と不満を漏らし始めました。運が悪いのは分かるけど、良い先生と出逢えないこ
とは"運が悪い"で済むことではなく、自分の人生で不利になると言うのです。

この悩みは、何度となく子供たちの口から聞いて来ました。大人が思っている以上に、子供た
ちは大人の発言や行動を深く冷静に見ています。「小学校から中学校まで色んな先生に習っ
たと思うけど、大好きな先生は少ないでしょう?良い先生には、なかなか当たらないものでしょ
う?それは運が悪いんじゃなくて、むしろ普通のことなの。これから高校生になっても、大人に
なっても、良い指導者に恵まれないから自分は伸びないと思っていたら、絶対成長できないよ。
"良い出逢いは滅多に無い"という大切なことを学んだのだから、良い先生に出逢うまでは、ど
うしたら成長できるのか考え続けることが大事なの」と、いつものように話しました。

もちろん、目標にすべき人物がいるということは、自身を高める大きな励みになるでしょう。また、
良い指導者に恵まれれば、勉強やスキルが早く身に着くかもしれません。しかし、人がどれだけ
素晴らしく成長するかというのは、他人から教わる以上のことを、どれだけ自修し、自分の糧に
できるかにかかっているのではないかと思います。そして、すべては自分の考え方とアクション
次第です。もしも方向が違うと感じたなら、そこから、また軌道修正していけばいいのです。帰り
際に「出会えて良かったです」と言って貰えたことは、感動的な思い出の一つです。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.