命がけの仕事

自衛隊のイラク派遣が行われていた頃、その支援活動に志願する人達からご相談を受けまし
た。今までの日常とは掛け離れた世界に行くのですから、不安を抱いてもまったく不思議では
ありません。志願する彼らの心中には、当事者にしか実感できない切迫したものがあったのだ
と思います。

多かったのは、「志願した方が良いか?」「志願するつもりだが、それで良いか?」という確認。
「志願したが運勢は悪くないか?」「無事帰国できるか?」と将来の安否を問う声もありました。
派遣への志願は既に覚悟が決まってのことですから、運が良いか悪いかで気持ちが揺らぐと
いうものではないのだと思います。実際、皆さん決断前も後も、戦場での生活や万一の事態、
それらを心配する家族の想いなど様々なことに思いを巡らせ、とりとめのない気持ちを持て余
していらっしゃいました。そのようなことから察するに、もっとプライベートな心配事がたくさん心
にあって、収拾がつかなくて、取り留めもなく話したいのが本音なのだと思います。ですから、
それを聴く良き話し相手になることが、私に求められている役割なのだと感じました。

私にとって彼らからのご相談は、戦争という未体験の問題を間接的に考えさせられる、難しい
ご相談でした。内心は震えるほど怖かったことを思い出します。「国家再建支援」という名目で
はあっても、戦地に赴くわけですから、相当の覚悟が必要です。死のリスクを考えるような、過
酷な精神状態ある人からは、並々ならぬ緊迫感を感じます。このような局面を経験しなければ
ならない人生を、想像しようにも想像が及びません。

私の言葉が彼らにどう伝わるのか…。それが解らず苦しみました。どんな仕事にも"一生掛か
りの課題"と思えるようなものがあると思います。私にとってそれは、人の気持ちを想うことです。
決して分かち合えない人それぞれの感受性に、いったいどうやって心を寄せれば良いのか?
未だ答えを模索しているのです。



Top    About us    Astrology    Links    Mail

文・構成・編集 : MONDO / 取材協力 : 采慧(サキ)



Copyright © 2011 信じるだけでは救われない All rights reserved.