占うことが最も難しい相談

こんにちは。
采慧(サキ)です。

連日の大雨は
明日がピークとの予想もあり

ニュースを見るたび、
各地で被災された方々を
心配しております。

昨年秋、大型台風が
東日本を直撃する前日に
川の近くに住む両親に電話して

「避難の準備はしてる?」
と確認したのですが……

「準備って言ったて
避難所に行くのに、特に
用意する物もないでしょ。」

という言葉が返ってきて
愕然としたことを思い出します。

その時は、
両親に対して

毎年のように豪雨の被害を
見聞きしているはずなのに……
と思いましたが

実際には、
私の両親と同じ感覚の方も
少なくないようです。

皆さんもぜひ、
ご自分が備えることはもちろん
周囲にも避難準備を呼びかけて
頂ければと思います。

避難所に持って行くものは
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【1日分の備え】です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

翌日までの携帯トイレ(生理用品)、
睡眠・飲食・衛生管理に必要なものと
ライト・笛・雨具・防寒具は必須です。

◇◇◇

さて、前置きが長くなりましたが

今日は、読者の方から頂いた
下記のご質問にお答えします。

——————————–
以前、震災の時に
采慧先生が無料相談をされたと
過去ログで読みました。
その時のお話を聞いてみたいです。

どんなご相談が多かったのか
どうやってそのことを知ったのか
難しかった点、良かった点など
是非、色々聞いてみたいです。

私は以前から諸外国の
難民キャンプなどで起こる
少女たちの結婚や出産についても
気になっていたので

采慧先生の過去ログとリンクして
災害時に被災者の方が
どんな悩みを抱えて
苦しい思いをされているのかと
思ったからです。(原文ママ)
——————————–

Nさん、
過去の記事もお読み頂き
ありがとうございます。

Nさんは難民キャンプで起こる
問題に関心があるのですね。

日本で被災した方々は
難民キャンプにいる方々とは
違った悩みをお持ちかと思いますが
何かのヒントになれば幸いです。

実は、被災者の相談には
聞いたこともないような
特別な悩みはなく

殆どが、今後の住まいや仕事、
離婚や結婚などの相談でした。

また、私の予想では
発災から時間が経つと
精神的な問題についても
ご相談があるかと思っていましたが
それはありませんでした。

私以外の占い師さんは
そうしたご相談を受けた方も
いらしたかもしれませんが

心の問題は、占いより
専門機関に相談する方が
多いのだと思います。

無料相談のご依頼は、皆さん
当店のホームページの案内を見て
お申込み下さったようです。

最後に、
難しかった点・良かった点ですが

色々と思い出してみたのですが
他の鑑定と比べて難しかった・良かった
と感じた記憶がありませんでした。

もしかしたら私は、
被災者の鑑定も、通常鑑定も
どれも変わらず同じ心持ちで
占っているのかもしれません。

全財産を失った人や
天涯孤独となった人などに
どうアドバイスをするのか……
という疑問があると思いますが

=============
占星学の鑑定では
どのような問題も
相談者本人の意思や希望を
事前に細かく伺いながら
鑑定のゴールを定めますから
=============

たとえ、その占者が
過去に占ったことがない
難問に出合ったとしても

占者と相談者が充分に話をして
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「今、何がどうなって欲しいのか」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
というゴールさえ明確になれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
占うことは難しくありません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

占星学は“人生のナビ”
のようなものですから

カーナビのように
目的地を決めることが
最も重要で、最も難しい
ところかもしれません。

つまり、

占星学で占うことが
最も難しいご相談は

ご本人に何の希望もなく
「私はこれからどうすれば良いですか?」
と聞かれることです。

太古の昔から
占星術師の役割は

人生という旅路を行く人に
本人に代わって地図を読み
道順を教えることでしたから

どこに行きたいかを
自分で決めて下さらない方の
ご相談はとても難しく感じます。

もしNさんや皆さんが
今後難しいご相談を受けたら

まずは【占星術=ナビ】と思って
相談者様と一緒にゴールを決める
というプロセスを大事にされると
占いやすいと思います。

今後の鑑定の
参考になれば嬉しいです。

baner_9movie