正解に近づく道

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日ご紹介する
読者さんのメッセージは
先週「人の心の扱い方」
で投げかけた

「あなたもぜひこの機会に
言葉の影響を受けやすい人
人の感情を感じ取りやすい人など
心が疲れやすい人に

どんな対応ができるか
考えてみませんか?」

という言葉に対して
頂いたご感想です。
早速以下にご紹介します。

—————————–
いつもありがとうございます。
言葉で傷つけられたとき、また、
思いがけず私が傷つけてしまったとき、
私は流せません。

少なくとも、2〜3日、長い時で
次にその人と会って話せるまで、
心は傷んだままです。

時間が解決するよ、
と言われたこともありました。
そうかな、とも思いながらも、
微妙です。

最近は、瞑想というか、あえて
思考をストップする時間を
持っことにしました。

1分くらいしか続けられませんが、
その間だけは心に痛みを感じても、
その理由をごちゃごちゃこじらせ
ないでいられる気がします。

最善ではないけれど、
今の自分には
ちょっとした特効薬です。

何がいいかわからないから、
こうして模索しながら自分の心と
付き合っていくのかなあと
落ち着いているときには思えます。

すぐに割り切れたり
忘れられたりする方が、
心からうらやましいです。

自分の痛みを思うと、
言葉を選ぶことは、
当たり前だけど
大事なことですね。
(原文ママ)
—————————–

いつもご感想を頂き
ありがとうございます。

soyukiさんは
「思考をストップする」
という自分なりの特効薬を
見つけられたのですね。

最善の方法を見つけるのは
時間が掛かることだと思いますが
そうして丁寧に自分と向き合って
長年付き合い方を考えていると

そのうち「心」や「気持ち」の
対処法にもバリエーションが
増えてきますよね。

この経験値が、
自分を救うだけでなく
人様の役に立つことも
あるのかもしれない……と

おこがましくも
思うことがあります。

◇◇◇

私もsoyokiさんと同じように
「何がいいかわからないから、
こうして模索しながら
自分の心と付き合っていく」
ということを続けています。

感受性や心の性質は
人の数だけあるので

私たちは、人の数だけ
考え続けなければならない
と思うと気が遠くなりますが

そこには丁寧に時間をかけて
少し遠回りしても良いのでは
ないでしょうか。

=============
「何がいいかわからない」
問題は、ムリに解決しない
のも悪くないと思います。
=============

すぐに根本的に解決できるなら
時間を掛ける必要はありませんが

一時しのぎの方法で
モヤモヤをごまかすと

いつかそれが再燃して
心に負担を掛けることが
あるかもしれません。

最近の私は

正解に辿り着くことを急がず
答えが出ないことが辛くても
考えることに疲れ果てないように

長く考え続けていくことが
【正解に近づく道】かもしれない
という気がしています。

その場で直ぐに
悩みを解決するのが
占い師の仕事なのに……
逆行していますね 汗

でも、占星学の長きにわたる
研究過程を勉強していると

ひとりの人間の経験値なんて
塵のように小さく微力だと
感じることもあれば

その反面、

一個人の数少ない経験値も
「一球入魂」の精神で
一つ一つに集中すれば

100年足らずの人生でも
得られるものもは偉大だと
感銘を受けることもあり

私は「一球入魂」で
時間をかけることを惜しまず
問題解決したいと
思ってしまうのです。

もし良かったら、
あなたがモヤモヤして
簡単に割り切れない時
どう対処しているか

無料メルマガ【星活ナビ】
登録して、お送り下さいね。

次回も、この難問について
寄せられたメッセージを
ご紹介します。

どうぞお楽しみに。