【ボイドタイムカレンダー2022】発売中

占星術による“本格的な開運法”を、毎日の生活に取り入れてみませんか?
ボイドタイムや水星逆行日、2022年の星の影響、12星座社交術など楽しめる情報満載です。
詳細ページはこちら

【占星学入門~7日間の無料メール講座~】配信中!

登録ページはこちら

スキルアップ(やりたい事が分からない人へ)

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日のスキルアップ情報は
先日までお届けしていた
「独学から30年の歩み」
へのコメントを紹介しながら

やりたい事が分からない
という方に、1つの提案を
させて頂きたいと思います。

まずは、お便りのご紹介から。

——————————–

成果がでるまで
やり続ける、ってことが大切。
なんですね、やっぱり。

しかしながら、いま、自分が
何の成果を求めてるのかが
ピンぼけ中です。

よく自分のことを
見つめ直したいと思います。
(原文ママ)

——————————–

ポチさん のお気持ち
とても良く分かります。

自分自身のことなのに

自分が望むものを
ハッキリとさせることは
長い年月が掛かりますよね。

私も
占い師という仕事に
興味はありましたが

開業当時、それを強く望んで
始めたのかと言われれば……
正直そこまでの気持ちはなく

運が良い時期だから
取り敢えずやってみよう
というお試し感覚でした。

むしろ、本業だった
子供と関わる仕事の方が
昔からの夢で、天職だと
思っていたぐらいです。

ですが

その後も、運が良いから
「何かやってみよう」
を繰り返すことで

占いの仕事で成果が出始め
もっと頑張ってみようかな
という気持ちに変わってきました。

この心境の変化が
人生を変えたのですが

以前、こんな内容の記事を見て
ハッとしたことがあります。

簡潔にまとめると

「求めるのは後、
成果を出すことが先。」
というお話しです。

仕事でも何でも
まずは成果を出してみる。

すると、それが好きになり
本当にやりたい事になる
ということです。

私にとって
占い師という仕事は
まさにそうで

デビューして4年目に
運良く結果が出たから本腰を入れた
という部分があることは否めません。

見切り発車の占い師デビュー

自分は何がしたいのか、
これからどこを目指すのか、
そんな風に自分を見つめ直したのは
それから何年も後のことです。

もし、ポチさんのように
「いま、自分が 何の成果を
求めてるのかがピンぼけ中」
と感じている皆さんは

今何となく興味があること、
できるか分からないけど
やってみたいことに

運の良い時期に
本腰を入れてみては
いかがでしょうか?

いつか
ワクワクが止まらない
本当にやりたいことに
出会える日を待ちながら

取り敢えず
運を利用して何かを始め
結果が出るか試してみるのも
良いのではないでしょうか。

今、または今後よりも
過去の方が運が良かった人は

運が良い時期に
関心を持ったこと
スタートしたことを
再開しても良いと思います。

【まずは成果を出す】
なんて、できるかなぁ……
という気持ちは一旦置いて

今すぐご自分の運を
確認してみて下さいね。

最後に

私のビジネスの師匠が
おっしゃっていた
言葉を贈ります。

「今、目の前にあることに
全力で取り組める人だけに
次のチャンスが訪れる。」

不安を消すためにしたこと

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日は前回に引き続き
Nさんからの頂いた
ご質問の後半にお答えします。

——————————–

采慧先生に聞いてみたいこと。

1)心が折れそうになりながらも
フリースクールに電話をかけ続けたこと。
なぜそこまで出来たのか?
どんな想いがあったか。

2)高い講座料を払ってまで、
なぜビジネスを学ぼうと思ったか。
そこに至る「心の機微」を
聞いてみたいです!
(原文ママ一部抜粋)

——————————–

2つ目のご質問の回答は
シンプルに、その講座が
当時の私を変えるために
必要だったからです。

そして、思い切って
申し込むことができた
一番の決め手は

その講座の講師を
信頼していたからです。

申し込み前に半年ほど
先生のメルマガを読み

1日セミナーや
安価な講座を二つ三つ受講して
自分に合う、尊敬できる先生
という印象を持っていました。

さらに包み隠さずに
言ってしまうと――

そのビジネス講座は
150万円で、私にとっては
かなり高価な自己投資でした。

ですが

今まで自己流でやってきて
行き詰まりを感じていること
自分で課題が解決できないこと
などを顧みて

いつかどこかで
やり方を変えなければ
いつまでも変わらない

現状維持は望んでいない
という状況にあったことも
後押ししたのだと思います。

占星学の学習経験から

本当に変わるなら
自己流ではなく

一流の指導を受けることが
有効かつ効率的なことも
良く分かっていたので

それも受講を決意した
要因だと思います。

このようなプロセスを経て

自分としては
かなり強い意志を持って
新たな一歩を踏み出した
つもりだったのですが……

申し込んだ途端
心臓はバクバクで

自分が変われる自信が
沸いてくるどころか
不安が増すばかり。

情けないことに、また
弱い自分との闘いです。

ただ、ここで怖くなって
キャンセルしてしまえば
自分を変えるチャンスを
先延ばしにしてしまう……

毎日そんな葛藤を
繰り返しているうちに

不安を消すためには
【全力を尽くすしかない】

それが唯一
今の私にできることだと
思うに至りました。

もし、全く成果が
出なかったとしても

「どう考えても、あれ以上
頑張ることはムリだった。」
と言えるぐらい努力できたら

仕事では結果が出せなくても
きっと成長できると考えました。

そして実際には
こんなことをしました。

——————————–

・講義内容を徹底復習

・先生の教えや考え方について
 理解できないことは全て質問

・次の講義までに必ず実践もする

・実践して分からないことも質問

・実践を続けて成果が出ない時は
 先生に評価&指導をお願いする

・ご指導を頂いたら必ず再挑戦する

——————————–

このようなことを
1年間継続した結果

今まで抱えていた
様々な課題をクリアでき

仕事やプライベートの
環境の整え方も分かり

自分の成長も感じられ
満足度は200%でした。

Nさんや皆さんの
今後の勉強のご参考に
なることはありましたでしょうか?

もし宜しければ
無料メルマガに登録して
あなたのご質問やご感想も
お聞かせ頂ければ嬉しいです。

頑張り続けられた理由

こんにちは。
采慧(サキ)です。

前回までお届けしていた
独学から30年の歩みについて
ご感想やご質問を下さった皆さん
ありがとうございます。

本音を言うと……

書き始めた時は
リクエストに応えて
書いてみたいという気持ちと

私の経歴を長々とお話しして
いったいどのぐらいの方に
楽しんで頂けるだろうという
不安も感じながらの執筆でした。

ところが

フタを開けてみれば
配信を楽しみに
して下さる方も多く

皆さんのメッセージを原動力に
全10話を書き上げることが
できました。

今日からは

私の30年の歩みについて
頂いたご感想などを
紹介させて頂きます。

まずは、受講生のNさん
からのリクエストです。

——————————–

采慧先生に聞いてみたいこと。

1)心が折れそうになりながらも
フリースクールに電話をかけ続けたこと。
なぜそこまで出来たのか?
どんな想いがあったか。

2)高い講座料を払ってまで、
なぜビジネスを学ぼうと思ったか。
そこに至る「心の機微」を
聞いてみたいです!
(原文ママ一部抜粋)

——————————–

Nさん
私の経歴を良くご存じで
興味深いご質問を頂き
ありがとうございます。

私がフリースクールで
不登校の子供たちの
相談相手をしていたのは

占い師になって
5~7年目の頃のことです。

この頃は

ちょうど占い館で
たくさんのお客様が付き
ご相談数も増えていたのですが

私が一番相談にのりたかった
子供たちからの相談は
一件もありませんでした。

占いは、子供のお小遣いで
利用できるものではないので
当然と言えば当然なのですが。

私は、昔から子供が大好きで
占い師になる前までは

幼児さんや小中学生の
子供たちに囲まれて働く
毎日を送っていましたから

子供たちが抱える悩みも
たくさん聞いてきました。

それが、
占い師になってからは

子供たちと接する機会は
殆どなくなってしまい
本当に残念に思っていました。

そこで、子供が集まる
施設やサークルなどで
悩みの聞き役になれないかと考え

インターネットや
タウンページなどで
施設を調べては

片っ端から電話をかけ
提案し続けました。

もちろん
簡単に受け入れらることはなく

電話を掛ければ、罵倒されるか
冷たくあしらわれるという
辛い営業が続きました。

大抵の担当者は

「何を考えているんですか?」
「うちの施設をナメテるんですか?」
「あなたに何ができるんですか?」
「甘く考えてもらっては困りますね」
「バカじゃないの?!」

など、キツイ言葉で
申し入れを一蹴するような
対応をされることが殆どで

丁重に断られることは
ほぼなかったことに
とても驚いた記憶があります。

「二度と関わりたくない」
という気持ちが強く伝わり
占い師って……そんなに
怪しいのだなと思いました。

それから半年後
やっと一人、丁寧に
話を聞いて下さる方に
出会うことができました。

涙が出るほど
嬉しかったです。

ここまで半年間
なぜ頑張れたかと言うと

子供たちの悩みの深さを
知っていたからです。

私自身、中学高校では
親しい友達が一人もできず

楽しくない学校生活を
独りで耐え続ける数年間は
真っ暗闇の毎日でした。

孤独な子供たちが
まだ未熟な弱い心で
日々闘っている苦労を
想像すれば

電話口で罵倒されるぐらいで
へこたれる訳にはいかない!
と思うことができました。

さて、大分長く
なってしまったので
2つ目のご質問には
次回お答えしますね。

もし良かったら
無料メルマガに登録して
あなたのご質問やご感想も
お聞かせ頂ければ嬉しいです。

【最終回】独学から30年の歩み

こんにちは。
采慧(サキ)です。

昨日のメルマガ配信後
また嬉しいメッセージが
届きました。

——————————–
開業21年目おめでとうございます!
今発信されているメルマガと重ねると、
采慧先生の色々と山あり谷ありの歩みが
また一段とよく分かります。

私は占星学に出会って
まだ数年ですが、後の人生
先生の様に占星術とずっと関わる
長い道のりを歩んで行けたらな
と思いました。(原文ママ一部抜粋)
——————————–

お祝いメッセージを頂き
ありがとうございます。

占星術にずっと
関わり続けたいという
sakuraさんの想いが

私にとって
何よりも嬉しい
お祝いだと感じました。

さて、この1ヶ月
パラパラとお届けしてきた
采慧(サキ)の独学時代から
現在までの歩みも
今日が最終回です。

■占いとの出会い~独学まで
■師匠との出会いを経て開業
■見切り発車の占い師デビュー
■運よく手にした成功
■大バカだと思い知らされました
■有名占い師さんからのアドバイス
■2つの仕事のバランス
■私はいつまでダメダメなんだろう
■仕事が増えた原因

専業占い師に戻った2015年
直ぐに取り掛かったのは
講義の枠を増やすことでした。

約2年かけて

長らく受講をお待たせしていた
全ての人に、講座を受けて頂き
ずっと気に掛けていた仕事が
一段落しました。

その後は
グループレッスンを開講し

同時進行で制作を進めていた
動画レッスンも、同じ年に
リリースすることができ

2017年から
マンツーマンレッスンに加えて
グループレッスン【星考ラボ】
動画レッスン【占星学マスター】

をご提供する
現在のスタイルに
落ち着きました。

実は、この頃から
構想を練っている講座は
他にもあるのですが……

それは追々
ゆっくりと作って
いきたいと思っています。

そして、この3年間は
講師業のみに専念していた
わけではありません。

2つの企業様の
占い事業立ち上げに
携わらせて頂いたり

就労支援事業所で
占星術鑑定による
就活支援をさせて頂いたり

受講生の占い師さん数名から
コラボのお仕事を頂くなど

新しい仕事に
チャレンジする機会にも
恵まれました。

また、占星学や
ビジネススキルの
向上にも力を入れました。

占星学の師匠の下で
勉強する回数を
今までの倍に増やし

大学の公開授業や
ビジネス関連の講座を
複数受講するなど

相変わらず
忙しく過ごしていました。

ただ、退職後は

ムリせずゆっくり
環境を整えることを
肝に銘じていたお陰で

心身共に
今までにないほど
余裕ができました。

これを徹底できたのは
師匠のお陰です。

専業占い師に戻った年
ビジネスの師匠から

「今年、来年変わろうったって
そう簡単に変われるもんじゃない。」

と言われました。

「でも、5年後、10年後なら
今思っている何倍も変われます。
5年後の自分には期待して良いし
もっと期待するべきだと思うんです。
今思っている以上に、もっともっと
自分への期待値を上げて下さい!」

とも話して下さいました。

それから5年後
「5年後の自分に期待して良い」
という言葉は本当だと確信しました。

今は幸運なことに
公私ともに、私が望んでいた
全てのこと+αが叶った状態です。

特別な才能はなくても
どんなに浅慮で、不器用で、
失敗を繰り返してきた私でも

5年10年と時間をかければ
少しずつ成長し、それなりに
成果は得られるのですね。

94年から占星学を独学し
99年に師匠の下で勉強を始め
04年に退職し専業占い師になり
08年には再び兼業占い師に戻り
13年からメール講座配信で仕事が増え
17年には念願の新講座をスタートする

という占い人生を
振り返ってみると

つねに4~5年先は
想像もつかないことが
起きていたことが分かります。

2017年から5年経つ
2022年は、初心に戻り

今心に秘めている
新たな夢を叶えるべく

謙虚に、ひた向きに
チャレンジを続けたいと
思っています。

============
失敗の連続に負けないこと。
成果が出るまで続けること。
============

このスタイルで
地道に、マイペースを守り
長く歩み続けたいと
思っておりますので

これからも、どうか温かく
見守って頂ければ幸いです。

どんどん結果を出して
みるみる人生が変わる
そんな華やかな道のりでは
ありませんでしたが

これが、采慧(サキ)の
占いに出合ってから今日までの
リアルな30年の歩みです。

約1ヶ月に渡って
お付き合い下さり
ありがとうございました。

当初、リクエスト頂いた
「チャレンジの仕方を
公開して欲しい」という
ご要望には程遠い

失敗談多めのストーリーに
なってしまいましたが

皆さんが少しでも
楽しんで下さったり
何かを感じて頂けたなら
とても嬉しく思います。

次回からは

これまでに頂いた
ご感想やご質問を
紹介させて頂きます。

どうぞお楽しみに。

第1話から読む

週刊ボイドタイム(21周年を迎えました)


▼ボイドタイムカレンダー2022発売中▼

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
毎週月曜日は
誰でも今ずぐ始められる
一番カンタンな【星活】
ボイドタイム情報を
お届けしています。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんにちは。
采慧(サキ)です。

先週は
実家に帰省したり
健康診断が立て続けに
入っていたりと

毎日バタバタで
なかなかメルマガが
書けませんでしたが

今年も一通りの
健診が終わり

コロナの感染が
落ち着いているうちに
私と主人の両方の実家に
帰省することもでき

私生活の大仕事が
やっと終わりました。

そして今日

無事にblooming開業から
21周年を迎えることが
できました。

素敵なメッセージを
送って下さったNさん
ありがとうございます^^

また、当店の講座で
学んで頂いてる生徒さん

一緒にお仕事をして
下さっている皆さん

いつもメルマガを読んで
下さっている読者さんにも

心から感謝の気持ちを
贈りたいと思います。

そう言えば、昨年は
20周年記念ということで

「100の質問」
お届けしていましたね。

また今年は
ちょうどこのタイミングで

私の独学から30年の歩み
お届けしていますが

こちらは
次回が最終回となりますが
ぜひ、最後までお楽しみ
頂ければと思います。

それでは
水星逆行日と
今週のボイドタイムを
お届けします。

下記の日時は
ボイド3K(下記参照)を
心掛けてお過ごし下さい。

============

<水星逆行日>

2022年1月までなし

<今週のボイドタイム>

11/29 09:03-17:56
12/1  13:21-20:57
12/3  14:23-21:14
12/5  14:09-20:32

※上記はJST日本時間(UTC+9)です。

▼ボイドタイムカレンダー2021発売中▼

============

<水星逆行とは>

水星が逆行する日は、
文書に誤りが生じやすく
なります。書類の作成・捺印、
また重要書類の整理は、
慎重に行って下さい。

<ボイドタイムとは>

ボイドタイム中は、
いつもと同じ事を同じ手順で行い、
思い付きの行動は厳禁です。

ボイド3K(決めない・変えない・
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
行動しない)を心掛けて下さい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ボイドタイム中、人々は
情緒不安定になりやすく

勘違いや思い込みによる
ミスを犯したり、
意思疎通が上手く
図れないなど様々な
影響を受けます。

ボイドタイム中は
誰もが判断を誤るリスクが
あるため、初めての事、
普段していない事などは
極力避けましょう。

日常的(習慣的・定期的)に
行っている事は、勘違いに
注意しながら通常通りに
行えば問題はありません。

仕事が増え続けた原因

こんにちは。
采慧(サキ)です。

少し間が空いて
しまいましたが

今日からまた
独学~現在までの
采慧(サキ)の歩みを
お届け致します。

■占いとの出会い~独学まで
■師匠との出会いを経て開業
■見切り発車の占い師デビュー
■運よく手にした成功
■大バカだと思い知らされました
■有名占い師さんからのアドバイス
■2つの仕事のバランス
■私はいつまでダメダメなんだろう

2015年
開業15周年を迎える年に
再び専業占い師に戻りました。

今回は自分の意思ではなく
体力の限界を感じ、やむなく
転身することとなりましたが

仕事に追われていた
ダブルワークも
失敗ばかりでは
ありませんでした。

忙殺されそうな毎日を
送っていたからこそ
【自分らしい働き方】を
真剣に模索し続け

やっと自分の
本当の望みが分かりました。

これからは、ムリはしたくない。
いつまでも占星学に熱中したい。
もっともっと占星学の腕を上げたい。
何らかの形で占星学を語り続けたい。

そして、もし、

占星学を一生勉強したい
占星学で人生を変えたい
という人に出会ったら
その人達に丁寧に向き合いたい

この望みを叶える環境を
整えようと考え始めたのが
2013年頃のことでした。

そして、手始めに
何かヒントを見つけるため
様々なジャンルのメルマガを
読むことにしました。

この行動が
後に占いの仕事を
激増させてしまうのです。

登録後、毎日届く
メルマガの内容の濃さに驚き
読み続けていくうちに感動し

しだいに、
占星学についてこんな風に
語れたらいいなぁ……
という憧れが強まり

私も書きたい!という勢いで
「無料メール講座」を書き上げ
配信を始めました。

すると、始めは
月10名ほど登録があり

翌年には、毎月20名前後
3年目以降は毎月30~40名と
登録数が少しずつ増え

「無料メール講座」を
読まれた方々が、鑑定や講座に
申し込まれることも多くなりました。

この新たな試みのお陰で
2013~2015年にかけて
仕事量が年々増えた結果

体力的にも厳しくなってきた
ダブルワークを止め
占星学講師業に
専念することを決めました。

この3年間は
メルマガ執筆に
初挑戦すると同時に

影響を受けた
メルマガの執筆者の
ライティング講座も
受講しました。

ここで、私の試みは
終わるはずだったのですが……

その講義内容が
期待以上に素晴らしく
すっかり先生の講座に
ハマってしまった私は

さらに、
先生のご専門である
マーケティングの講座も
受講するようになりました。

この時学んだ先生が
今の私のビジネスの
師匠なのですが

専業占い師に
戻った後の2年間は
ことあるごとに相談し
大変お世話になりました。

采慧(サキ)さんは
良い指導者に恵まれて
良いなぁと思いましたか?

実はこれは
偶然ではないと
思っています。

私が、自分の切なる
望みを叶えるために
複数のメルマガに登録する
という行動を起こしたのは

一生に3度しかないと言われる
人生最高の好機のひとつ
だったからです。

セーブできないほど
仕事が増え続けたのは

少なからず
好機に行動したことが
影響しているのでは
ないかと思っています。

皆さんもぜひ
お試し下さいね。

続きを読む

週刊ボイドタイム


▼ボイドタイムカレンダー2022発売中▼

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
毎週月曜日は
誰でも今ずぐ始められる
一番カンタンな【星活】
ボイドタイム情報を
お届けしています。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日は
臨時でお休みを頂いおり
私用でちょっと
立て込んでおりますため

水星逆行日と
今週のボイドタイムのみ
お届けしたいと思います。

下記の日時は
ボイド3K(下記参照)を
心掛けてお過ごし下さい。

============

<水星逆行日>

2022年1月までなし

<今週のボイドタイム>

11/22 00:53-12:34
11/24 14:47-翌1:00
11/27 01:25-11:13
11/29 09:03-17:56

※上記はJST日本時間(UTC+9)です。

▼ボイドタイムカレンダー2021発売中▼

============

<水星逆行とは>

水星が逆行する日は、
文書に誤りが生じやすく
なります。書類の作成・捺印、
また重要書類の整理は、
慎重に行って下さい。

<ボイドタイムとは>

ボイドタイム中は、
いつもと同じ事を同じ手順で行い、
思い付きの行動は厳禁です。

ボイド3K(決めない・変えない・
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
行動しない)を心掛けて下さい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ボイドタイム中、人々は
情緒不安定になりやすく

勘違いや思い込みによる
ミスを犯したり、
意思疎通が上手く
図れないなど様々な
影響を受けます。

ボイドタイム中は
誰もが判断を誤るリスクが
あるため、初めての事、
普段していない事などは
極力避けましょう。

日常的(習慣的・定期的)に
行っている事は、勘違いに
注意しながら通常通りに
行えば問題はありません。

スキルアップ(臨時休業と講座に関するご案内)

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日は、まず始めに
臨時休業のご案内を
させて頂きます。

誠に勝手ながら
11月22日(月)は
所用のため臨時休業致します。

お問い合わせ等には
24日(水)より
順次対応させて頂きます。

皆様には大変ご迷惑を
おかけいたしますが
どうぞ宜しくお願い致します。

◇◇◇

さて、本日は久しぶりに
「無料メール講座」受講者様から
頂いたお問い合わせに
お返事させて頂きます。

まずは
コメントのご紹介から。

———————————-

<コメント1>

このメルマガに辿り着けて
感謝しています

私の背中を押して貰えたというか、
私が占星術を学びたいと
思う気持ちがずっとあって
それに火を付けて貰えた気がします。

本気でもう一度
勉強しようと思っています

講座の内容や金額も
気になる所では有りますが

自分に合った講座や方法が有れば
チャレンジしてみたいと
思っているところです
感謝デス♡有難うございました(^^)
(原文ママ一部抜粋)

———————————-

<コメント2>

毎回配信を楽しみに読みました。
采慧先生の占星学講座について
詳しく知りたいです。
(原文ママ一部抜粋)

———————————-

<コメント3>

大変ためになる講座で
毎日配信を楽しみにしていました。
ありがとうございました。

石川源晃先生の
占星学に興味を持ち、
現在占星学講座を受講中です。

采慧先生の
次回の占星学講座の募集は
いつになりますか?
詳細について教えてください。
(原文ママ一部抜粋)

———————————-

「本気で勉強しよう」
という意気込みのある方

私の師匠、石川源晃先生の
占星学を学んでいる方に

当店の講座に
興味を持って頂けて
大変嬉しく思います。

当店の入門講座
「占星学マスター」は
年2回、メルマガで
募集をしておりますが

来年は、受講生専用の
メンバーサイトを
リニューアル予定のため

新サイト完成後に
募集する予定です。

現在、サイトの完成時期が
確定しておりませんため
募集時期は未定ですが

来春までには
メルマガで告知できればと
思っております。

宜しければ
金曜日に配信される
「スキルアップ情報」を
ご覧下さい。

本日のお知らせは以上です。

◇◇◇

最後に、ひとこと
お礼を言わせて下さい。

今週配信のメルマガに
ご感想を下さった皆さん
ありがとうございます。

まだ、ストーリーには
続きがありますが

現時点までのご感想を
お送り頂いたことで

楽しんで下さっている
人達がいることを知り
ひとり喜んでおります。

また、皆さんのお声を
執筆の原動力にして
ここまで書き進めることが
できたと改めて感じています。

ありがとうございます。
そして今後とも
よろしくお願い致します。

私はいつまでダメダメなんだろう

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日は、まず始めに
ご感想のご紹介です。

——————————–

サキ先生の歩み、
大変面白く読ませて頂いております。

感想を書く以上、
きっちり読み込んで、
文章化できる様にしてからの方が
いいのかなと思ってましたが、
いつまでもお送りできないので、

まず「大変面白い!」
感想だけ投稿します。

サキ先生は
キャラで売れる占い師かな
という感想を持っております。

テレビや雑誌に出ている
占い師の方々より余程、です。

多くの人は
サキ占い師を知らない、
からじわじわと
今のサキ先生に近づいていく、
を楽しみにしております。

うまく書けませんでした(´∀`)。
(原文ママ)

——————————–

kさん
「まず『大変面白い!』」
というご報告を頂き
ありがとうございます。

私がキャラで売れると
思っていらっしゃる方が
いることに、正直
大変驚きましたが

そう思って下さることは
とっても嬉しいです。

でも、私って
どんなキャラなんでしょう……

皆さんが思う
采慧(サキ)のイメージを
こっそり教えて頂きたいです^^

■占いとの出会い~独学まで
■師匠との出会いを経て開業
■見切り発車の占い師デビュー
■運よく手にした成功
■大バカだと思い知らされました
■有名占い師さんからのアドバイス
■2つの仕事のバランス

ダブルワークに転じて
5年目となる2013年

過労が続いた影響か
仕事の帰り道で突然倒れ
そのまま病院に運ばれました。

それから数日間
40度を超える高熱が続き
9日後に無事退院できました。

緊急搬送は
これが3回目。

これからは
計画的に仕事を調整しよう
きちんと健康管理もしよう

本当に、本当に、
ちゃんと自己管理しよう!
そう心に決めました。

会社も心配してくれて
繁忙期以外は週3日勤務で
大丈夫と言って頂きました。

それなのに私は――

喉元を過ぎれば、また
増えていく仕事を
マネージメントできず

2014年には
鑑定に加えて

毎週8コマの講義をしながら
3つのカルチャースクールの
講師を任されるという
年中無休状態となり

この年の終わりには
マンツーマン講座の予約は
3年先まで入っていました。

また仕事に追われている……

そんな状況に
頭を抱えていた時

会社の新たな試みで
3ヶ月休暇が取得できる
新制度ができました。

渡りに船です!

「この3ヶ月で
仕事が調整できる。」

そう思った私は
直ぐに休暇を申請し
社内で一番初めに
3ヶ月休暇を取得しました。

休暇に入る前日
直属の上司から

「3か月後、
絶対戻って来てよ!」
と言われたことは
本当に嬉しかったです。

絶対に戻りたい

その一心で
3ヶ月懸命に働き
職場復帰しました。

ところが

「さぁ、頑張ろう!」
という気持ちとは裏腹に
既に体はボロボロ。

復帰して2ヶ月後には
脳神経外科で検査を受け
そのまた3ヶ月後には
急性腸炎で4度目の緊急搬送。

会社の人事も
今後の働き方について
親身に相談にのって
下さったのですが

結局、退職を
決意するに至りました。

何で、こんなに
自己管理できないんだろう……

どうして仕事を
断れないんだろう……

私はいつまで
ダメダメなんだろう……

そんな後悔と
大好きな職場を去る
寂しさでいっぱいの
退職でした。

◇◇◇

書き起こしてみると
大変さが目立ってしまいますが
7年間のダブルワークは

体力的には大変でしたが
精神的にはとても幸せな経験で
人生最高の思い出のひとつです。

そして、願わくば
このメルマガを読んでいる
元同僚の皆さんにとっても

一緒に過ごした時間が
良い思い出でありますように。

この続きは
来週お届けします。
どうぞお楽しみに。

続きを読む

2つの仕事のバランス

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今回で7回目になる
私のこれまでの歩みですが

頂いているご質問には
一通りお話ししてから
シェアしてお答えしますので
どうぞ楽しみにお待ち下さい。

■占いとの出会い~独学まで
■師匠との出会いを経て開業
■見切り発車の占い師デビュー
■運よく手にした成功
■大バカだと思い知らされました
■有名占い師さんからのアドバイス

2000年に開業して8年。

再び兼業に戻ることは
想定していませんでした。

占い師8年目の私は
他の占い師さんと比べて
決して仕事が少ないわけでは
ありませんでしたから

ずっと占いに専念していても
問題はなかったと思います。

でも、もし
そうしていたら――

その後、占いの仕事が
順調だったとしても
大変な機会損失
だったと思います。

お勤め経験が少なかった
私にとって、この社会復帰は
かけがえのない経験になりました。

大勢のスタッフと
チームとして共に働き

長い年月を経て
移り変わる職場環境や
人間関係を経験することは

どんなに沢山の鑑定や
タイアップのお仕事を頂いても
経験できないことだったと思います。

この経験は、今も
鑑定や占星学講義に
活かされていることは
言うまでもありませんが

人間社会の
様々な問題を研究する

占星学という学問を
深く理解し修めるためにも
必要不可欠な人生経験で
あったと感じています。

さて、入社当時に
話を戻します。

週4日勤務が決まり
占いの仕事は大幅に
減らしました。

原宿での鑑定を辞め
電話鑑定は週3~4名に留め
講座も週2コマにしました。

一見少ないように見えますが
私にとっては、このぐらいが
丁度良いバランスでした。

鑑定は準備時間も含めると
1件につき3時間以上かかり、
講座は90分講義+準備時間で
1コマにつき半日を要します。

ダブルワークを続けるため
暫くは、仕事のオファーを
全てお断りしようと決めました。

ところが……

簡単なことと思っていた
仕事のセーブが、なかなか
思うように行きません。

兼業に慣れ始めてきた頃

少しだけ単発の仕事を
受けたことで、次第に
2つの仕事のバランスが
崩れ始めたのです。

ちょっとなら
大丈夫だろうという過信が
自分の首を絞めていきます。

また、同じ時期に
鑑定や講座にスカイプを
取り入れたことで

全国から予約が入るように
なったことも相まって
予想を超える忙しさに
なってしまいました。

個人事業者の
悲しい性で……

仕事を頂く苦労を
散々経験しているがゆえに
依頼を断り続ける
勇気がなかったのです。

ただ、この甘さが
自分に跳ね返ってくることを
まだ分かっていなかったのです。

この時すでに
体力は限界に
近付いていました。

実はこの頃

私の健康運は、人生最悪の時で
いつ倒れてもおかしくないと
頭では重々承知していました。

とは言え「健康診断も
問題ないからまだ大丈夫」
と自分に言い聞かせ

星が示す重大なサインを
実生活に活用することなく
毎日、体にムチ打って
仕事をこなしていたのです。

医者の不養生とは
正にこのことで

人様にアドバイスする資格もない
占い師だったと思います。

占いの予想は
見事に的中して

2013年、仕事帰りに
道端で突然倒れ
緊急搬送されました。

◇◇◇

仕事を安定させるって
本当に大変ですね
(私は下手過ぎますが汗)。

次回も、私の転機は続きます。

続きを読む