星読みのトレーニング法

▼ボイドタイムカレンダー2020発売中▼
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform13.htm

こんにちは。
采慧(サキ)です。

少し間が
空いてしまいましたが
今日からは再び

「どんな占い師になりたいですか?」
「理想の働き方を教えて下さい。」

についてお寄せ頂いた
メッセージをご紹介します。

———————————-
私は、相談者さんの味方になるために
正しく運勢をよむことができる
占い師になりたいです。

そのためには、技術を磨いたり
自分の人間性を磨いたり
世の中の流れを観察したり・・

やらなければいけないことが
多くあると考えています。
(原文ママ一部抜粋)
——————————

みつるさん、
いつもメッセージ頂き
ありがとうございます。

「相談者さんの味方になる」
「正しく運勢を読む」
という2点は、密接な
関係にあると思います。

鑑定をする際
【誰の味方になるか?】
という点が明確でないと
読みがブレてしまい

結果的に
「正しく運勢を読む」
ことができません。

相談者の味方になることは
当然だと思うかもしれませんが
時にそれが難しいこともあります。

相談内容が
自分の価値観に合うこと、
一般的・常識的なことであれば
抵抗なく味方になれますが

相手の悩みや願望が自分勝手、
非常識、モラルに反する場合や
客観的に、その人には不相応だと
思われる相談を頂いた場合

人は自然に
「考えを正してあげよう」
という気持ちになります。

==================
こうした、自然に湧き出る
価値観や正義感をいかに排除して
相手の性格や考え方を理解するかは
占星学以外の勉強が必要だと思います。
==================

Kさんが心掛けている
技術と人間性を磨くことも
世の中の流れを観察することも
継続しながら

自分が納得できない価値観、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
思考回路、言動を目にしたときに
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それを研究することも大事だと思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

具体的なトレーニング方法は――

まず、今年話題になったニュースを
いくつか思い出して下さい。

いじめ教師、幼児虐待、あおり運転、
闇営業騒動、所得隠し、薬物問題、
アイドルグループの暴行被害など
他にも沢山ありますが

その中で、
「この人は何を考えているの?」
「こんな言動許されない!」

などと思った人物は
いませんでしたか?

その人の性格や思考回路を
本人のホロスコープから把握し
サポートできることを考えるのも
良い練習になるかもしれません。

現実の生活の中で
身近な人を相手に実践すると
とても苦しいと思いますが

まずは自分と関わりのない事例で
シュミレーションするだけでも
「相手の味方になって星を読む」
トレーニングになると思います。

もし良かったら
無料メルマガ【星活ナビ】に登録して、
あなたがなりた占い師像も教えて下さいね。