あなたは誰の味方ですか?

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日は、前回に引き続き
ぷーさんのコメントの
後半部分について
お話しさせて頂きます。

まずは、頂いたメッセージを
以下に再掲載します。

——————————
出生図や三重円をみて
背景を伺ったとしても、
当事者両方のお話を
聞けるのでなければ、

そこに居ない人の状況や気持ちは
やっぱりわからないので、

お話を聞いた方の視点の
情報でしかないということも
こちらは分かってないと
いけませんよね。

当たり前ですけど
「鑑定する」って難しいなぁと
改めて思いました。
(原文ママ一部抜粋)
——————————

“当たり前”とは言え

「鑑定する」という
一連の作業の中で
占い師が考えなければ
ならないことは多く

鑑定をすればするほど
その難しさを何度も
思い知らされますよね。

ぷーさんだけでなく
皆さんもそう思いませんか?

◇◇◇

さて、
今回頂いたメールの中で

「そこに居ない人の状況や
気持ちはわからないので、
お話を聞いた方の視点の
情報でしかないということ」
という部分を読んで、

昔、師匠から教わった事を
思い出しましたので、
今日はそのことについて
書いてみたいと思います。

一般的に、
何事かが起きた場合

問題全体を偏りなく把握して
双方の視点に立って考えることが
良いと思われていますが

============
占星術師として
人の相談にのる時は
【相談者目線】で考える
============

と師匠に教わりました。

たとえ相談者の見方に
偏りがあったとしても
その偏見を大事にするのです。

なぜなら、

当事者全員の立場に立って
公正に物事を見ると……

誰の言動も
それなりに理解できる
という見解になってしまい

相談した人にとっては
腑に落ちないからです。

だから占い師は、

弁護士のように
^^^^^^^^^^^^^^
自分は誰の味方なのかを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ハッキリさせることが大事
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということを
何度かご指導頂きました。

先生と一緒に
チャートを読んでいる時、
私が一般的な観点から
意見を言うと

「あなたはいったい
誰のためのアドバイスを
考えているんですか?」

「視点を変えたら
アドバイスが変わって
しまうんだから、常に
相談者目線ですよ。」
と諭されました。

私は良く、
揉めている2人から
相談を受けることが
あるのですが

それぞれから事情を聞くと
どちらが良い悪いという事が
自然と思われるのですが……

それは一旦忘れて、
目の前にいる相談者様の
ものの見方、考え方、感じ方
だけにフォーカスする
ことを心掛けています。

あなたはいつも
誰の味方になって
鑑定していますか?

あなたのご感想やリクエストも
無料メルマガ【星活ナビ】
登録して、お送り下さいね。

それでは次回も
お楽しみに。