命を守る必需品

「自然災害と気象予測」受付中↓
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform5.htm

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日でシリーズ3回目になりますが
異常事態の運、対人運は
ご覧になりましたか?

【災害時の運の見方】として
次に挙げたいのは「健康運」です。

発災後、満足な食事も取れず
余震が続き良く眠れない状況で

連日のように瓦礫を片付け
家の修繕・掃除をしながら
食料・水・支援物資の運搬で
疲労は溜まり続けます。

「ボランティアの人達が
手伝ってくれているのに
自分が怠ける訳にいかない」と
無理をしてしまう人も多いです。

避難所でも、掃除や炊き出し、
運搬作業の当番などがあり

普段より体力の消耗は激しく
体調を崩す方も少なくありません。

常に、半年~1年先ぐらいまでの
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
健康運をチェックして
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
体調の崩れやすい時期を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
把握しておきましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

体力やスタミナを示す太陽や火星、
健康管理に関わる6ハウスの状態、
プログレスやトランジットが示す
健康運の良し悪しも見て下さいね。

頑健の人は良いですが、
虚弱な傾向がある人が
「非常時だから……」と
頑張ってしまうと後が大変です。

免疫力が低下して
感染症にもかかりやすく
なってしまいます。

自分の感覚では分からないことも
星はちゃんと教えてくれますから、
【頑張り過ぎない】ことを意識して
身体だけは大事にして下さいね。

◇◇◇

それでは今日の本題、
「命を守る必需品」です。

文部科学省の調査(H24年1月に
福島・宮城の525校を対象に実施)
の結果、一番の問題はトイレでした。

2番目は暖房設備
3番目に給水の順で
不足や不具合が多かった
という報告があります。

===============
この結果を見て分かるように
トイレの次は「防寒対策」です。
===============

札幌市防災会議が
2010年にまとめた被害想定では
冬の早朝に発災した場合、
死者は8,200人と見込んでいます。

凍死のリスクは
北陸や北日本だけの
問題ではありません。

厚生労働省の人口動態調査によれば
2000年から2016年までの
凍死者数は16,000人に上ります。

日本救急医学会の調査では
低体温症で搬送された人の
7割以上が屋内での発症でした。

=============
室内が10℃以下になれば
60代以上の方は低体温症を
発症しやすくなります。
=============

沖縄を除いて
11~3月までは、全国各地で
10℃を下回る日が多くなるので

暖房器具のない自宅での
在宅避難は、命の危険もある
ことを知っておきましょう。

春秋も朝晩は冷え込むため
カイロや毛布は多くの被災者が
必要としたものです。

また、被災地では
物資の調達のために
屋外で4~5時間並ぶことは
日常茶飯事ですから

防災グッズの中には
年間を通して雨具と着替え、
防寒具を準備しておくと安心です。

低体温症を防ぐために、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
濡れない、風に当たらない、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
カロリー摂取(飴やナッツなど)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
の3点を覚えておいて下さいね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さらに、
温かい食べ物は体を温め
心を落ち着ける効果が
あるそうですから

カセットコンロは必需品
という意見は多いです。

燃料切れが心配な方は
焚き火台もおすすめです↓
https://amzn.to/2POHsTH

次回は、意外と知らない
「水の備蓄の注意点」
をお届けします。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
<自然災害と気象予測>
8月17日(月)まで受付中です↓
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform5.htm
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

baner_9movie