私がここまで占星学と真摯に向き合えるのは、占星学の師がサキ先生だったからです。

小林美生さん

質問させて頂いた際に、サキ先生に「アスペクトを読むセンスがある」と仰っていただけて、とても嬉しかったです。ですが、これは私にセンスがあるというより、サキ先生から教えていただいたことを忠実に実践してきた結果だと思っております。


サキ先生がメール占星学講座にお書きになっていた「アストロロジーは【星の学問】。だから、サインやハウスより、占星学の習得で要となるのは『星』そのもの」という言葉を今でも鮮明に覚えています。

世間一般では占星学(星占い)というとサインやハウスのイメージが先行しがちです。もしそこから勉強を始めていたら、今の様に「まず重要なのは天体の意味を理解すること」「アスペクトの読み方に迷ったら天体の意味に立ち返る」という癖もついていなかったかもしれません。

サキ先生がお勧めして下さったように様々な書籍からアスペクトの意味をまとめて自分なりの参考書を作ったり、そこに新たな情報をどんどん書き込んだり、現在視聴中の講義内容もノートにまとめて辞書のように分厚くなってきたり……。

サキ先生に教えていただいたことを実践し、それが積み重なって現在の自分の力になってくれています。私がここまで占星学と真摯に向き合えるのは、占星学の師がサキ先生だったからです。

長くなってしまいましたが、サキ先生には感謝してもしきれません。本当に、いつもありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願い致します。

baner_9movie