プレゼント付きアンケート

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今日までご紹介してきた
「自然災害と気象予測」に
お申込み下さった皆さん、
ありがとうございます。

今後の動画のお届けを
楽しみにお待ち下さい。

本日締切になりますので
ご検討中の方はお早めに
お申込み下さい↓
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform5.htm

今日は、今週のメルマガに
お寄せ頂いたご感想を
ご紹介いたします。

——————————-
こんにちは。いつもためになる
メルマガをありがとうございます。

普段、防災に関する情報収集は、
必要なことだと思いながらも
後回しにしがちですので、
具体的な情報をいただき、
本当に助かります。

また、昨年も感じたのですが、
サキ先生のメルマガですと
興味を持って読めるので、
すんなり入ってくる気がします。
(原文ママ)
——————————-

Saikoさん、こちらこそ
いつも嬉しいコメントを
ありがとうございます。

昨年の防災記事も
読んで下さったのですね。
今回の情報も大いに活用して
ご意見など頂ければ嬉しいです。

さて、

私達は普段
自然の中で生きていることを
うっかり忘れがちですが

毎年のように、災害による
惨事が起きていること考えると
油断してはいられませんよね。

特に、占星学を学び
人々の生活、そして人生を
より良くしたいと考える私達は

人間に甚大なダメージを与える
気象や自然災害の問題を
無視することはできません。

今週のメルマガが
防災や、気象予測を始める
きっかけとなれば幸いです。

◇◇◇

私が防災に関心を持った頃
まず始めに心配したのは――
ガラスが割れることでした。

棚から落ちる物が多くなり
家具が転倒することがある

===============
震度5強以上の地震は
過去10年(2009~2019年)に
72回もありました。
===============

もし、家中のガラス
(窓ガラス、花瓶、額縁、
食器、調味料や酒瓶など)
が大量に割れたら

停電して掃除機は使えない、
拭き掃除には大量の水が必要、
雨風や寒さもしのげなくなる、
キッチンで食事も作れない、
ケガをしたら家族も困る……

そう考えて、少しずつ
工夫を始めました。

今週のメルマガで
「発災後、余震が続いても
自宅で安全に食事、睡眠、
排泄ができますか?」と
質問させて頂きましたが

自宅、職場や学校、
通勤通学路、旅先などで
この3つについて
どう対応するか?

一度でもシミュレーションすれば
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
必ず、何か大事なことに
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
気が付くと思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ぜひお試し下さい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、長くなってきましたので
今回の防災のお話しは
ここまでにさせて頂き

ご用意した
プレゼント付きアンケートを
ご紹介させて頂きます。
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://questant.jp/q/Y85YHI15

プレゼントのレポート(PDF)では、
非常時の「食」にまつわる情報と
私が実際に試した、おすすめ非常食
もご紹介します。

万一の時、事前にどれだけ
知識や情報を得ていたかによって
被災後のストレス度も、
命の危険度も大きく変わると

防災アドバイザーの
岡部梨恵子さんは仰います。

岡部さんが実際に目にした
熊本地震の事例では

待てど暮らせど
支援物資が届かない避難所で

防災に関心がなかった人たちは
その理由も分からず、備えも無く、
絶句してしまうそうです。

反対に、防災知識を
持っている人は冷静で

「そういうこともあるよ」と
備蓄食を調理して家族と食事を
しているのだそうです。

オリジナルレポートの内容は
知っておけば、災害当日から
役に立つものです。

この機会に手に入れて下さいね↓
https://questant.jp/q/Y85YHI15

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
<自然災害と気象予測>では、
今週のメルマガでお伝えしきれなかった
発災直後から時間の経過に伴って
必要になる「4つの備え」も紹介します。
お申込みは【本日まで】です↓
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform5.htm
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+