本当は知られたくないのですが……

▼ボイドタイムカレンダー2020発売中▼
https://24auto.biz/blooming/touroku/entryform13.htm

こんにちは。
采慧(サキ)です。

今週お届けした
「本気で運を上げるなら」
「運の良い人生に変わるには」
は、沢山の方に読んで頂き

ご意見やご感想も
複数届きました。

今日はその中から1つ
メッセージをご紹介します。

—————————
「雑誌などの占い特集を
見たことがある」この選択肢も
チェックしたのですが、
読みはするものの的中したと
思ったことは皆無です。

(こういうものはたぶん
みなさん信じてチェックしている
わけでもないのだろうと思います)

ずっと占い全般に
興味を持っていたのに
ほぼ一度も実感したことは
なかったのが私です。

正直なところ
占星学も疑っていました。

でも昨年
いろんな人のホロスコープの
解説を読んだりして、
ふと思い立って占星学の勉強を
はじめてしまい、

検証しながら少しだけ手応えを
感じはじめたところです。

1年間の運勢は
まだ占えていないのですが、
毎日チェックしてそれに沿って
気をつけながら行動するように
しています。これからが楽しみです。
(原文ママ)
—————————

berylさん、
いつもコメント下さり
ありがとうございます。

私もberylさんと同じく
雑誌の占いは「たぶんみなさん
信じてチェックしている
わけでもないのだろう」
と思っていましたし

実際、berylさんのように
冷静に占い結果と現実を
照らし合わせてみれば

星占いが当たっている
という実感は持てないと
思いますから

それを承知で
楽しんでいるにすぎない
と思っていたのです。

ところが、

世の中には
娯楽用の星占いの内容を
結構気にしている人が
少なくないのです。

そして

本当は、こんなことは
知られたくないのですが……

プロの占い師の中にも、
「占星学」と「星占い」の違いを
正確に理解していない人もいます。

残念ながらこれは、
一部の人の話しではなく
意外と多くの占い師さんが

「星占い(12星座占い)の
信頼性がどの程度のものか
きちんと説明できますか?」
と聞かれたら

ちょっと自信がないと
思うのではないでしょうか。

過去には、

ある占星術師が
複数の雑誌に適当な
占い記事を載せたことで
非難を浴びたことがあり

それが占星学業界に
大きな影響を与えた
歴史もあります。

berylさんは、
以前は占星学を
疑っていたとのことですが

占星学の勉強をはじめて
少しだけ手応えを感じ始めた
とのことで嬉しく思います。

今後も、星の影響を
客観的にチェックしながら
楽しんで学んで下さいね。

◇◇◇

さて、只今
昨年実施できなかった
1日講座「あなたの好運日」
の準備を進めていますが、

この講座の中で
占星学と星占いの違いについても
お話しできればと思っています。

今年の好運日を占ってみたい!
という方は、ぜひ1日講座で
一緒に学びましょう。

詳しくは、
来週(金)のスキルアップ情報で
ご案内させて頂きます。

baner_9movie