人の心の扱い方

こんにちは。
采慧(サキ)です。

アンチ占いについての
記事を配信して
2週間が経ちますが

まだ紹介できていない
コメントがありますので
引き続きご紹介します。

今回は長文のため
一部抜粋して
掲載させて頂きます。

——————————–
確かに占星学を勉強してるというと
“そのうち銀座で座ってたりして”と
揶揄する人もいますが So what!
あっははは 私の友達リストから
消えました。無視です。

そういうのってステレオタイプ
っていうんです。雑誌の占いで
一気 一憂してる人たちと
逆の意味で似てると思います。

占星学って科学的だし奥が深いし
信じられないのはその人たちが
この学びとご縁がなかったので
知識もなく。。。ってただ
それだけではないでしょうか。

(中略)

少なくとも私は大宇宙と小宇宙の
関係が繋がってることを知って
ワクワクしています。

アンチ占いの人はきっと
ラッキーなこととか奇跡的な
経験もないのでしょう。

占星学に関しては
ただ本当のことを知らない
だけでステレオタイプ。

占いに限らず一事が万事だと
思います。逆に言われて悩む人は
勉強不足。バシッ!(原文ママ)
——————————–

Jさん、いつも近況報告と
コメントをありがとうございます。

私も若い頃
“そのうち銀座で座ってたりして”
と良く言われました。

今でも占い師というと
路上占い師を思い浮かべる
人は多いようですね。

さらに、神秘的な衣装や
魔女っぽい雰囲気を
イメージする人も多く

私がスーツやワンピースで
お客様にお会いすると
「黒いドレスじゃないんですか?」
と言われることもあります。

古くからの固定観念は
なかなか簡単には
変わらないものですね。

この現実とのギャップは、

Jさんが仰るように
多くの方が本格的な占いや
占星学との「ご縁がない」
ことが原因であり

メディアの占いしか
目にしたことがない
縁がない人達が

占いを誤解していたり、
懐疑的になってしまうことは
仕方がないんですよね。

【星活ナビ】を読んでいる
皆さんも同じ考えの方が多く

アンチ占いの考えも理解できる
何を信じるかは人それぞれ自由
という理解ある声が
多く寄せられています。

またそれと同時に

・気にすることはない
・人は人、自分は自分
・否定されて悩むのは損

というようなコメントも
いくつか頂きました。

ここで質問です。

あなたは、
人に傷つけられたとき

==============
気にしないでいられますか?
「人は人」と割り切れますか?
穏やかに受け流せますか?
==============

私は、頭では分かっていても
簡単に割り切れないタイプ
だから思うのですが、

感受性の強さや繊細さ、
心の回復力などは
なかなか変えられません。

損だと言われても、
仕方がないと言われても、

それでも悩んでしまう
受けた傷が癒えない
その性格が変えられない

だから

「忘れた方が良い」と
気遣ってもらっているのに
救われない自分に、また
ストレスを感じるのです。

ちょっと重たく
なってきましたが――

あなたもぜひこの機会に
言葉の影響を受けやすい人
人の感情を感じ取りやすい人など
心が疲れやすい人に

どんな対応ができるか
考えてみませんか?

占星学で
性格を当てられるようになり
運勢を読めるようになって
一番最後に苦労するのは

【人の心の扱い方】
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ではないでしょうか。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

もちろん、
この難問の答えも
星は教えてくれるのですが

一度でも徹底的に
考えた経験がある人の方が
星の示す意味が一段と深く
理解できると思います。

あなたのご感想やリクエストも
無料メルマガ【星活ナビ】
登録して、お送り下さいね。

それでは次回も
お楽しみに。