カウンセリング技術は必要?

こんにちは。
采慧(サキ)です。

メルマガお休み中に
古い記事のご感想もたくさん頂き
ありがたく読ませて頂いています。

お返事したいコメントが
山ほどあるのですが……

今日は、先日お届けした
「人の気持ちが分からない人」
へのお礼メールをご紹介します。

——————————
先日のメルマガでは
質問に答えて頂き
ありがとうございました。

回答を拝見してサキ先生は
本当に真摯で誠実な方だなぁと
改めて思っています。

いつも先生が仰っているとおり、
それぞれにケースバイケースの
事情があるので、やはり総合的に
観ないとわからないということですよね。
確かにそうだと思います。みんな色々。

その背景を丁寧にお客さまから
お伺いすることが大事。ですよね。

ただ、そうなると
「占い」を学ぶ以上に
「カウンセリング」を勉強
しなくてはならない気がします。

また出生図や三重円をみて
背景を伺ったとしても、
当事者両方のお話を
聞けるのでなければ、

そこに居ない人の状況や気持ちは
やっぱりわからないので、

お話を聞いた方の視点の
情報でしかないということも
こちらは分かってないと
いけませんよね。

当たり前ですけど
「鑑定する」って難しいなぁと
改めて思いました。
(原文ママ一部抜粋)
——————————

ぷーさん、
早々にお礼を頂き
ありがとうございました。

おっしゃる通り
「みんな色々」
なんですよね。

だから【聴く】ことが大事
と考えて、占星学だけでなく
カウンセリングを学ぶ方も
いらっしゃると思いますが

私個人的には、

「『占い』を学ぶ以上に
『カウンセリング』を
勉強しなくてはならない」
とまでは考えなくて良い
と思っています。

既に勉強経験がある方
資格を持っている方は
分かると思いますが

占星学とカウンセリングでは
問題解決のアプローチの仕方が
大きく違いますので

2つのスキルを併用するなら
その違いを理解した上で
上手に組み合わせると
良いと思います。

詳しくは、ご自身で
調べて頂きたいのですが
ものすごく簡単に
違いを説明しますと

カウンセリングでは、
対話をすることによって
クライアントが自分自身で
問題を解決するための
サポートをしますが

===============
占星学では【占い師が】
占星学的に悩みや問題を分析して
いくつかの解決策を提案します。
===============

先日のメルマガ
「人の気持ちが分からない人」
の中でご紹介した事例
<ケース1~6>は

全て、占星学の基礎知識
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
12サインやアスペクトなどを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
使って分析することで分かります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ですから私は、
「カウンセリングも
勉強した方が良いですか?」
と聞かれた時は必ず

まずは、

占星学の基礎知識に磨きをかけ
【占いスキルを上げること】を
試して頂きたいと答えています。

占星学を4~5年学び
一通りの知識を得た方は
「これで修了」という
気持ちになっている方も
少なくないのですが

その段階は、

取り合えず、“表面的”な
勉強を終えたレベルですから

=================
ここから更に、基本中の基本
アスペクト・12サイン・12ハウス
などの基礎力をしっかり底上げして
悩みや問題の分析力を高めて下さい。
=================

この勉強が済んでから
必要に応じて、カウンセリングの
勉強を検討しても良いと思います。

あなたのご感想やリクエストも
無料メルマガ【星活ナビ】
登録して、お送り下さいね。

次回は、

「そこに居ない人の状況や
気持ちはわからないので、
お話を聞いた方の視点の
情報でしかない」について
お話ししたいと思います。

どうぞお楽しみに。